ロケステーション

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%bc
【コラム VOL.124】

 

『L change the WorLd』のロケ地に使われた「宇都宮大学」


■映画『L change the WorLd』
『L change the WorLd』は『デスノート』に登場した「L」が主人公のスピンオフ映画です。
主役であるLを演じるのは、デスノートのときと同じく松山ケンイチさんです。
本作のストーリーは原作であるコミック版にもなかったオリジナル展開で、タイのとある村で起きたバイオテロから始まり、テロ組織であるブルーシップとの対決を描きます。
この『L change the WorLd』で、抗ウイルス薬の研究施設として撮影で使われたのが「宇都宮大学」です。
作中でも頻繁に登場していましたが、より正確に紹介をするなら宇都宮大学の峰キャンパスということになります。

 

■宇都宮大学の峰キャンパス
「宇都宮大学」にはほかに陽東キャンパスもありますが、そちらは工学部や地域デザイン学部が使用しており、映画には登場しません。
ちなみに本編では、研究室だけではなく大学の正門や屋上なども撮影場所として使われています。
宇都宮大学は、ほかにも映画のロケ地として使われることがあり、その理由としては大学内にあるフランス式庭園があります。
ほかの大学にはない変わった特徴で、実際に見てみると日本の大学のキャンパスとは思えない美しい庭園であることが分かります。
ほかにも宇都宮大学は、峰ヶ丘講堂が登録有形文化財として登録されるなど、建築物も高い評価を得ています。
単にロケ地巡りとしてだけではなく、観光として訪れたくなるくらい見所があります。
大学の場合、学校としてだけではなく他の設定としてロケ地として使われることも多々あります。
今回のように研究所の撮影場所として選ばれることもあるので、色々なロケ地を巡りたいなら複数の作品のロケ地になっている施設も多くあるのでオススメです。

 

 

 

<学校施設情報>
施設:宇都宮大学 峰キャンパス
住所:栃木県宇都宮市峰町350
アクセス:
JR バス(乗車時間:約 15 分)
乗るバス:清原台団地、清原球場、祖母井(うばがい)、茂木(もてぎ)、ベルモール行など
バス停:JR 宇都宮駅西口バス乗り場3番 ・下車するバス停:宇大前(うだいまえ)
東野(とうや)バス(乗車時間:約 15 分、東武宇都宮駅バスの場合 約 25 分)
乗るバス:真岡(もおか)、益子(ましこ)、海星学院、清原球場行など
バス停:JR 宇都宮駅西口バス乗り場14番、東武宇都宮駅バス乗り場 ・下車するバス停:宇大前(うだいまえ)
2017年現在

ホワイト

学校※画像はイメージです

ホワイト
テレビ、ドラマ、映画、CM、MV、グラビアなどのロケ場所探しは
%e3%83%ad%e3%82%b1%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ad%e3%82%b4http://loca-station.jp/
ロケ地の検索サイト・撮影のサポートに

ロケ地、ロケバス、レンタル、控室などロケに必要な情報を発信!
%e7%99%bd%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9

ページトップへ

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。