ロケステーション

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%bc
【コラム VOL.280】

 

ドラマの撮影で登場したブラジル料理専門店、ロケ地「レストラン ブラジル」


住民の6人に1人がブラジル人。そのことから「日本のブラジル」と称されている群馬県邑楽郡大泉町。そして人口は約4万人で、群馬県内では最も人口の多い町です。なぜ、そんなにブラジル人が多いのかというと、大泉町には大企業の工場が多くあるが人手不足の状況。しかし1990年の出入国管理法の改正によりブラジル、ペルーの日系人が日本国内で自由に働けるようになり、大泉町は人手不足の対策に町で日系人を積極的に誘致したためブラジル人が多くなったそうです。そんな日本のブラジルこと大泉町にも、あの「夜食テロ」と言われたドラマ『孤独のグルメ』の撮影が行われました。ドラマでは松重豊さん演じる主人公の井之頭五郎さんが先輩に呼ばれ群馬県邑楽郡大泉町に訪れる。昔は堅物だった先輩は今はノリノリのラテンのノリで昔の面影はなくなっていた。そんな先輩が夫婦でエステサロンを開くので、家具等内装一式を井之頭五郎さんに手伝ってほしいという相談で呼ばれたのでした。先輩との用事を終え、先輩の娘に大泉町を案内してもらい別れた後に、いつものごとくお腹がすき入ったお店として登場したのが「レストランブラジル」。日本のブラジルと呼ばれる町でいかにもな店名です。井之頭五郎さんはこのお店でフェイジョアダコンプレッタ(ライス・ポテトフライ・ファロッファ・みかん・ケールの炒め物・ピナグレッテソース・サラダバー・フェイジョアダ)、シュラスコ(エスぺトン デ ピカーニャ)、ガラナアンタルチカを注文していました。シュラスコは分かりますが他のメニュー名前を聞いただけではよくわからないですね。う~んブラジル料理はあまり馴染みがありません。

 

 

<レストラン店舗情報>
店舗名:レストラン ブラジル
住所:群馬県邑楽郡大泉町西小泉5-5-3
営業時間:[月~金] 11:00~15:00 /17:30~22:00(L.O) [土・日] 12:00~22:00(L.O)
定休日:水曜日
アクセス: 東武小泉線「西小泉駅」から徒歩5分
2018年現在

ホワイト

レストラン※画像はイメージです

ホワイト
テレビ、ドラマ、映画、CM、MV、グラビアなどのロケ場所探しは
%e3%83%ad%e3%82%b1%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ad%e3%82%b4http://loca-station.jp/
ロケ地の検索サイト・撮影のサポートに

ロケ地、ロケバス、レンタル、控室などロケに必要な情報を発信!
%e7%99%bd%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9

ページトップへ

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。