ロケステーション

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%bc
【コラム VOL.345】

 

ドラマ撮影で違う設定で使われる学校、ロケ地「愛歯技工専門学校」


ドラマや映画撮影では時には違う設定とてロケ地を使うことがあります。例えば病院に見立てて学校やオフィスビルの外観や廊下などを使ったりなど、ロケ施設本来とは別の設定で使われることがあります。そのひとつが板橋区加賀にある「愛歯技工専門学校」です。「愛歯技工専門学校」は1925年(大正14年)に歯科技工士養成機関として日本で初めて設立された学校で歯科技工士養成校として日本で一番長い歴史を持つ歴史と伝統ある単科専門学校です。この学校なんとドラマでは学校ではなく警察署のロケ地として多くの作品に登場しています。2016年の作品では日本テレビドラマ『ゆとりですがなにか』では道上まりぶが仮釈放された「杉並南警察署」として登場していました。更に遡ると2015年の作品ではTBSドラマ『アルジャーノンに花束を』で檜山康介が出てきた「警視庁駒入警察署」として登場し、2014年の作品ではフジテレビドラマ『極楽がんぼ』で神崎薫が取り調べを受けた「金暮県金暮警察署」として登場し、2013年の作品ではTBSドラマ『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?』で安堂ロイドが安堂麻陽を迎えに行った「千駄ヶ谷警察署」として登場し、更に同年放送のTBSドラマ『夜行観覧車』で高橋慎司が前に立っていた警察署として登場し、また同年放送のTBSドラマ『ハンチョウ~警視庁安積班~シリーズ6』でも警視庁向島中央警察署として登場ていました。更にそれ以前には2009年に放送されたTBSドラマ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』にも両津勘吉と秋本カトリーヌ麗子が手錠を外してもらった「新葛飾警察署」として登場し、2009年にはTBSドラマ『池袋ウエストゲートパーク(IWGP)』にも警視庁池袋西警察署として登場していました。本当に全て警察署の設定のロケ地として撮影で使われていますね。しかし残念なことにこの「愛歯技工専門学校」は平成31年3月をもって閉校になるそうです。

 

 

 

<学校施設情報>
施設名:愛歯技工専門学校
住所:東京都板橋区加賀1-16-6
2019年現在

ホワイト

学校※画像はイメージです

ホワイト
テレビ、ドラマ、映画、CM、MV、グラビアなどのロケ場所探しは
%e3%83%ad%e3%82%b1%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ad%e3%82%b4http://loca-station.jp/
ロケ地の検索サイト・撮影のサポートに

ロケ地、ロケバス、レンタル、控室などロケに必要な情報を発信!
%e7%99%bd%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9

ページトップへ

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。