ロケステーション

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%bc
【コラム VOL.434

 

ドラマの撮影で使われるオフィスビル、ロケ地「アコード新宿ビル」


新宿区新宿2丁目にある「アコード新宿ビル」。新宿三丁目駅の都営新宿線出入口からすぐの新宿駅も徒歩圏内となっているアクセス抜群の立地に建つビルです。外観がベージュのパネルとガラス張りの組み合わせでスタイリッシュで重厚感のある、曲線の壁面が特徴的で1階、2階に飲食店などが入る地上10階、地下2階建てのグレードの高い賃貸オフィスビルです。そんなグレードの高い「アコード新宿ビル」はドラマのロケ地として撮影で使われ、これまでに何度もドラマ作品に登場しています。2019年放送の日本テレビドラマ『家売るオンナの逆襲』では北川景子さん演じる三軒家万智がいた新宿のビルの屋上として登場していました。2018年の放送ではフジテレビドラマ『いつまでも白い羽根』で新川優愛さん演じる木崎瑠美が助けを求めていた遠野藤香の元へ駆けつけたマンションとして登場し、テレビ朝日ドラマ『家政夫のミタゾノ』で松岡昌宏さん演じるは三田園薫がパクりについて語っていた屋上として登場し、またフジテレビドラマ『僕らは奇跡でできている』にも歯科医である榮倉奈々さん演じる水本育美が住むマンションとして登場していました。2017年の放送ではTBSドラマ『伊豆・下田殺人ルート「スーパービュー踊り子5号」の罠(西村京太郎サスペンス 新・十津川警部シリーズ)』で石丸謙二郎さん演じる亀井定雄たちが家宅捜索していた小坂井めぐみの住んでいたマンションの外観として登場し、テレビ朝日ドラマ『緊急取調室2』にも登場していました。それ以前にも多くのドラマ作品に登場しています。この「アコード新宿ビル」には撮影用のマンションスタジオや屋上があり、普段から多くの撮影が行われています。オフィスビルとして、そしてロケ地として「アコード新宿ビル」は人気の施設ですね。

 

 

 

<オフィスビル施設情報>
施設名:アコード新宿ビル
住所:東京都新宿区新宿2-12-4
2019年現在

 

ホワイト

オフィスビル※画像はイメージです

ホワイト
テレビ、ドラマ、映画、CM、MV、グラビアなどのロケ場所探しは
%e3%83%ad%e3%82%b1%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ad%e3%82%b4http://loca-station.jp/
ロケ地の検索サイト・撮影のサポートに

ロケ地、ロケバス、レンタル、控室などロケに必要な情報を発信!
%e7%99%bd%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9

ページトップへ

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。