ロケステーション

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%bc
【コラム VOL.466

 

ドラマの撮影で使われるビル(アパート)、ロケ地「奥野ビル(旧銀座アパートメント)」


新年、明けましておめでとうございます。2020年、オリンピックイヤーがスタートしましたね。今年もどんなドラマ作品に出会えるか、どんなロケ地が登場するのか楽しみですね。今年も宜しくお願い致します。

 

中央区銀座1丁目にある「奥野ビル(旧銀座アパートメント)」。最新のオフィスビルや商業施設が立ち並ぶ銀座で異彩を放つ存在のレトロでモダンを感じさせる昭和初期のビル。かつては旧銀座アパートメントと呼ばれ、銀座界隈でも屈指の高級アパートだった奥野ビルは1932年に本館、1934年に新館が建てられ、本館と新館は左右対称の作りになっており、建設当初は6階建てだったが何度かリノベーションされ、現在は地下1階、地上7階建てのビルとなっています。当時は、まだ珍しかった鉄筋ビルで、住宅用エレベーターも備えている、先進的なビルであったため銀座屈指の高級アパートとなっていましたが、今ではレトロな雰囲気の建物として注目を浴び、一歩、建物内に足を踏み入れると、タイムスリップしたかのような感覚を味わうことができます。更に今では珍しい手動式のエレベーターでドアの開閉が手動、運転は自動で目的の階に到着したら、自分でドアを開け閉めしなければいけないシステムです。ビルにはギャラリーやテナントが入っており、1階にはアンティークショップ、2階から6階は小さなギャラリーやショップ、個人の事務所などが数十軒入っています。そんな昭和レトロでモダンな「奥野ビル(旧銀座アパートメント)」はドラマのロケ地としても撮影で使われ、これまでに何度もドラマ作品に登場しています。2019年放送のテレビ東京ドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!この女に賭けろ』で柳葉敏郎さん演じる島津雅彦が通うウクレレ教室のあるビルとして登場していました。2018年に放送されたフジテレビドラマ『FINAL CUT』では亀梨和也さん演じる中村慶介と高木雄也さん演じる野田大地がいるマンションとして登場していました。2014年に放送されたフジテレビドラマ『鍵のかかった部屋SP』にも大野智さん演じる榎本径の防犯ショップが入っているビルとして登場していました。それ以前にも何度もドラマ作品にロケ地として登場しています。昭和レトロでモダンな「奥野ビル(旧銀座アパートメント)」はドラマのロケ地として人気のビルですね。

 

 

 

<ビル施設情報>
施設名:奥野ビル(旧銀座アパートメント)
住所:東京都中央区銀座1-9-8
2020年現在

 

ホワイト

雑居ビル※画像はイメージです

ホワイト
テレビ、ドラマ、映画、CM、MV、グラビアなどのロケ場所探しは
%e3%83%ad%e3%82%b1%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ad%e3%82%b4http://loca-station.jp/
ロケ地の検索サイト・撮影のサポートに

ロケ地、ロケバス、レンタル、控室などロケに必要な情報を発信!
%e7%99%bd%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9

ページトップへ

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。