ロケステーション

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%bc
【コラム VOL.469

 

ドラマの撮影でよく使われる複合ビル、ロケ地「銀座松竹スクエア」


中央区築地1丁目にある大規模複合ビル「銀座松竹スクエア」。以前は広告代理店のアサツー ディ・ケイ(略称ADK)の本社あったことからADK松竹スクエアと通称されていましたが同社が虎ノ門ヒルズに移転した2014年を機に「銀座松竹スクエア」に改められました。このビルは地上23階、地下2階建て高さ97.45m(最高部高さ105.05m)の超高層ビル。ガラス張りでスタイリッシュな外観、エントランスホールの大きな階段が特徴的で3階から18階がオフィスフロア、19階から23階にかけては高級マンションの住居フロアとなっていますがカフェや寿司屋などの飲食店も入っており一般の方でも活用できる要素が多いビルです。更に3階には松竹大谷図書館があり、約300年前の浄瑠璃正本や、阿国歌舞伎の様子を伝える貴重な資料「かふきのさうし」をはじめ、市販されていない演劇、映画シナリオ、日本舞踊、テレビ等に関する台本、文献、雑誌、写真、プログラム、ポスター等の資料を多く所蔵しており、所蔵資料数は現在47万余点に及んでいます。そんな超高層の大規模複合ビル「銀座松竹スクエア」はドラマのロケ地としても撮影で使われ、これまで何度もドラマ作品に登場しています。2019年に放送されたフジテレビドラマ『まだ結婚できない男』で稲森いずみさん演じる岡野有希江が阿部寛さん演じる桑野信介に相談したカフェがあるビルとして登場していました。2017年に放送されたTBSドラマ『カルテット』では満島ひかりさん演じる世吹すずめがストリートライブをしていた場所として登場し、2015年にテレビ朝日で放送されたドラマ『民王』にもアグリトラディショナルのあるビルとして登場していました。2014年にはフジテレビドラマ『ディア・シスター』、2013年にはTBSドラマ『ぴんとこな』、2011年フジテレビドラマ『幸せになろうよ』にも登場していました。それ以前にも多くのドラマ作品に登場しています。超高層の大規模複合ビル「銀座松竹スクエア」は複合ビルとしては勿論、ドラマのロケ地としても人気の施設ですね。

 

 

 

<複合ビル施設情報>
施設名:銀座松竹スクエア
住所:東京都中央区築地1-13-1
2020年現在

 

 

 

ホワイト

複合ビル※画像はイメージです

ホワイト
テレビ、ドラマ、映画、CM、MV、グラビアなどのロケ場所探しは
%e3%83%ad%e3%82%b1%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ad%e3%82%b4http://loca-station.jp/
ロケ地の検索サイト・撮影のサポートに

ロケ地、ロケバス、レンタル、控室などロケに必要な情報を発信!
%e7%99%bd%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9

ページトップへ

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。