ロケステーション

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%bc
【コラム VOL.512

 

ドラマの撮影で使われる大衆食堂、ロケ地「かしを食堂」


板橋区三園1丁目にある大衆食堂「かしを食堂」。都営地下鉄三田線の終着駅である西高島平駅から徒歩12分程、近くに白子川が流れており、歩いてその川を越えれば埼玉県となる東京と埼玉の境に位置する場所にあるお店です。お店の前に畑が広がるロケーションでお店は自宅の1階部分を改装して営業しており、店内はカウンター12席、4人掛けテーブル席2卓、お座敷に4人用テーブルが5卓あり、全部で40席の広い空間です。ボリュームのある定食、ご飯大盛り無料、ご飯お代わり無料、そして食後にはアイスかホットで選べるコーヒーのサービス。地元の方や周辺で働く方々に多く利用されている人気の食堂です。そんな東京と埼玉の境にある地元で人気の大衆食堂「かしを食堂」はドラマのロケ地として撮影で使われ、これまで何度かドラマ作品に登場しています。2019年放送のテレビ東京ドラマ『きのう何食べた?』で西島秀俊さん演じる筧史朗と真魚さん演じる長森夕未が食事をした食堂として登場し、また同年放送の日本テレビドラマ『イノセンス冤罪弁護士』にも十勝屋として登場していました。2017年にはテレビ東京ドラマ『釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~伊勢志摩で大漁!初めての出張編』で「かづさ屋」として登場しており、同作では2015年にも「かづさ屋」として登場しています。更にNHK総合ドラマ『ブランケット・キャッツ』にも「さくら食堂」として登場しています。東京と埼玉の境にある大衆食堂「かしを食堂」は地元から愛される人気の食堂として、そしてドラマのロケ地としても人気のお店ですね。

 

 

 

<大衆食堂店舗情報>
施設名:かしを食堂
住所:東京都板橋区三園1-25-4
2020年現在
※緊急事態宣言の発令に伴い、店舗の営業状況に変更が発生している場合があります。
店舗をご利用の際は最新の公式情報をご確認ください。

 

ホワイト

大衆食堂※画像はイメージです

ホワイト
テレビ、ドラマ、映画、CM、MV、グラビアなどのロケ場所探しは
%e3%83%ad%e3%82%b1%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ad%e3%82%b4http://loca-station.jp/
ロケ地の検索サイト・撮影のサポートに

ロケ地、ロケバス、レンタル、控室などロケに必要な情報を発信!
%e7%99%bd%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9

ページトップへ

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。