ロケステーション

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%bc
【コラム VOL.514

 

ドラマの撮影でよく使われる公園、ロケ地「舟渡水辺公園」


板橋区舟渡4丁目にある公園「舟渡水辺公園」。都営三田線「西台駅」から徒歩約10分の新河岸川のほとりにある周辺を様々な工場に囲まれた一角に佇む、豊かな自然に囲まれた親水公園です。前回ご紹介した舟渡大橋に隣接しており、園内には新河岸川沿いに位置した親水テラスがあるほか、健康遊具や自然浴散歩道があります。この公園の最大の特徴は充実した大人用の健康遊具。肩や腰を伸ばしたり、懸垂で腹筋・背筋を鍛えたり、足の裏のさまざまなツボを靴を脱いで足の裏全体を刺激するようにゆっくりと踏みしめて歩く自然浴散歩道など凝り固まった身体をほぐすための大人用の健康遊具がいくつも設置されています。気軽に体を動かせる場所として地域の人々に親しまれている公園です。そんな新河岸川のほとりにある舟渡大橋に隣接した親水公園「舟渡水辺公園」は前回も少し触れましたがドラマのロケ地としても撮影で使われ、これまで何度もドラマ作品に登場しています。2019年放送のテレビ東京ドラマ『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』で武田玲奈さん演じる朝川由那が主演ドラマの撮影をしていた公園として登場していました。また同年放送の日本テレビドラマ『イノセンス冤罪弁護士』では川口春奈さん演じる和倉楓が刺された公園として登場していました。2018年に放送されたテレビ東京ドラマ『モブサイコ100』にも登場しており、2016年にはフジテレビドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』に篠田麻里子さん演じる鈴木仁美の遺体が発見された場所として、日本テレビドラマ『お迎えデス。』で福士蒼汰さん演じる堤円と真之介が話していた公園として、更にフジテレビドラマ『ナオミとカナコ』に吉田羊さん演じる服部陽子が女に襲われた公園として登場していました。それ以前にも多くのドラマ作品に登場しています。気軽に体を動かせる場所として地域の人々に親しまれている「舟渡水辺公園」は公園として、そしてドラマのロケ地として人気の施設ですね。

 

 

 

<公園施設情報>
施設名:舟渡水辺公園
住所:東京都板橋区舟渡4-4
2020年現在

 

ホワイト

公園※画像はイメージです

ホワイト
テレビ、ドラマ、映画、CM、MV、グラビアなどのロケ場所探しは
%e3%83%ad%e3%82%b1%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ad%e3%82%b4http://loca-station.jp/
ロケ地の検索サイト・撮影のサポートに

ロケ地、ロケバス、レンタル、控室などロケに必要な情報を発信!
%e7%99%bd%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9

ページトップへ

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。