ロケステーション

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%bc
【コラム VOL.525

 

ドラマの撮影で使われる病院、ロケ地「大森赤十字病院」


大田区中央4丁目にある医療機関「大森赤十字病院」。日本赤十字社東京都支部が設置する病院で「信頼され心あたたまる病院」を理念に1953年に開院し、安全で質の高い丁寧な医療の提供、救急医療の充実と発展、急性期リハビリテーションへの取り組み、地域医療連携の推進、災害医療の対策と拡充の取り組み、そして2014年には新たにHCUの開設、診療科の増設等を行い、急性期機能の拡充を図っています。更にOne day Hospitalと名付けて外来受診はその日のうちに検査結果がわかり、入院すれば48時間以内にほとんどの検査が終わるなど結果を速く知りたい希望に添う迅速な医療に取り組んでいます。病院施設は2010年5月に新病院に移転し、2011年10月に新病院が全面開院、病床数344床の病院です。そんなOne day Hospitalと名付けて迅速な医療に取り組んでいる「大森赤十字病院」はドラマのロケ地としても撮影で使われ、これまで何度かドラマ作品に登場しています。2017年放送のNHK総合ドラマ『ブランケット・キャッツ』で富田靖子さん演じる桜井たえ子が入院した病院として登場し、また同年放送のTBSドラマ『リバース』にも武田鉄矢さん演じる小笠原俊雄が運ばれた病院として登場していました。2015年には日本テレビドラマ『ど根性ガエル』でピョン吉を持った松山ケンイチさん演じるひろしが文句を言いながら歩いていた南葛医科大学病院の前として登場し、また2013年にはNHK-BSプレミアムドラマ『真夜中のパン屋さん』に安岡総合病院として登場していました。「信頼され心あたたまる病院」を理念にOne day Hospitalと名付けて迅速な医療に取り組んでいる「大森赤十字病院」は今後もまたドラマのロケ地としてテレビで見かけるかもしれませんね。

 

 

 

<病院施設情報>
施設名:大森赤十字病院
住所:東京都大田区中央4-30-1
2020年現在

 

ホワイト

病院病室※画像はイメージです

ホワイト
テレビ、ドラマ、映画、CM、MV、グラビアなどのロケ場所探しは
%e3%83%ad%e3%82%b1%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ad%e3%82%b4http://loca-station.jp/
ロケ地の検索サイト・撮影のサポートに

ロケ地、ロケ弁、ロケバス、レンタル、控室などロケに必要な情報を発信!
%e7%99%bd%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9

ページトップへ

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。