ロケステーション

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%bc
【コラム VOL.529

 

ドラマの撮影で使われる商店街、ロケ地「桐ヶ丘中央商店街」


北区桐ケ丘1丁目にある商店街「桐ヶ丘中央商店街」。JR赤羽駅から路線バスで10分程、徒歩20分程の距離にある商店街。この辺りはかつて旧陸軍の工場や倉庫があった広大な敷地に1964年に開催された東京オリンピックに合わせ団地が建設され総戸数約5000戸を抱える団地内唯一の商店街として1953年につくられたそうです。都営桐ヶ丘アパートの間に位置する桐ヶ丘団地にある「桐ヶ丘中央商店街」は中央の広場空間を挟んで左右の棟から張り出したアーケードの下に店舗が並ぶ昭和そのままのレトロな空間。食堂、精肉店、米店、クリーニング店、食料品スーパー、文具店など、昭和風情そのままのスタイルのお店が並んでいます。そんな昭和レトロな商店街「桐ヶ丘中央商店街」はテレビ番組にロケ地として登場しており2020年にはTBS番組『プレバト』に商店街のシャッターにカラースプレーのみを使って作品を制作し、その出来栄えを査定する「スプレーアートの才能ランキング」のロケ地になっております。2019年放送のテレビ東京番組『モヤモヤさまぁ〜ず2』にも登場しています。そしてドラマのロケ地としても撮影で使われており、これまで何度かドラマ作品に登場しています。2019年放送のTBSドラマ『凪のお暇』で黒木華さん演じる大島凪が海に行くときに道に迷ってスナックバブル2号店を見つけた商店街として登場していました。2016年に放送されたTBSドラマ『怪獣倶楽部~空想特撮青春記~』にも登場しており、またテレビ東京ドキュメンタリードラマ『山田孝之の東京北区赤羽』、更に2010年にはテレビ朝日ドラマ『霊能力者 小田霧響子の嘘』にも登場しています。テレビやドラマのロケ地となる昭和風情がそのまま残る昭和レトロな商店街「桐ヶ丘中央商店街」は本当に貴重な商店街ですね。

 

 

 

<商店街情報>
施設名:山王小路飲食店街
住所:東京都北区桐ケ丘1-9-2
2020年現在

 

ホワイト

商店街※画像はイメージです

ホワイト
テレビ、ドラマ、映画、CM、MV、グラビアなどのロケ場所探しは
%e3%83%ad%e3%82%b1%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ad%e3%82%b4http://loca-station.jp/
ロケ地の検索サイト・撮影のサポートに

ロケ地、ロケ弁、ロケバス、レンタル、控室などロケに必要な情報を発信!
%e7%99%bd%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9

ページトップへ

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。