ロケステーション

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%bc
【コラム VOL.530

 

ドラマの撮影で使われる公園、ロケ地「飛鳥山公園」


北区王子1丁目にある公園「飛鳥山公園」。江戸時代から花見の名所として親しまれてきた東京都内、桜の名所の一つで北区を代表する区立公園、1873年に日本最初の都市公園に認定された公園でもあります。園内にはソメイヨシノやサトザクラなど約600本が植えられており、3月下旬から4月上旬の満開の時期には区内外から多くの人が訪れ賑わいます。桜の他にも10種・15000株のつつじ、更に飛鳥の小径あすかのこみちに沿って約350メートルに渡り約1,300株のあじさいが植えられています。また児童エリアには大きなお城の遊具や、噴水や水辺では水遊びができたりと子供も楽しめる施設も揃っており、更に実物のSL、都電があったりと鉄道ファンにも人気があります。2009年には高齢者や障害者、ベビーカー利用者など誰もが気軽に登れて公園を利用しやすくするために公園入り口から飛鳥山山頂間に自走式モノレール方式の斜行昇降施設「あすかパークレール」が設置され、そのかたつむりに似た車両のフォルムから「アスカルゴ」と呼ばれ子供から大人まで人気があり親しまれています。そんな東京都内の桜の名所の一つ「飛鳥山公園」はドラマのロケ地としても撮影で使われ、これまで何度もドラマ作品に登場しています。2019年に公開された映画『宮本から君へ』に登場しており、2018年にはTBSドラマ『華の下にて(浅見光彦シリーズ)』で平岡祐太さん演じる浅見光彦と丹野奈緒が歩いていた公園として登場していました。少し遡り2013年に放送されたフジテレビドラマ『よろず占い処 陰陽屋へようこそ』や2010年に放送されたフジテレビドラマ『逃亡弁護士』にも登場していました。それ以前にも何度もドラマ作品にロケ地として登場しています。江戸時代から花見の名所として親しまれてきた東京都内、桜の名所の一つで北区を代表する区立公園「飛鳥山公園」は公園としての人気は勿論、ドラマのロケ地としても人気の施設ですね。

 

 

 

<公園施設情報>
施設名:飛鳥山公園
住所:東京都北区王子1-1-3
2020年現在

 

ホワイト

飛鳥山公園※画像はイメージです

ホワイト
テレビ、ドラマ、映画、CM、MV、グラビアなどのロケ場所探しは
%e3%83%ad%e3%82%b1%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ad%e3%82%b4http://loca-station.jp/
ロケ地の検索サイト・撮影のサポートに

ロケ地、ロケ弁、ロケバス、レンタル、控室などロケに必要な情報を発信!
%e7%99%bd%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9

ページトップへ

ページを表示できません。
このサイトは、最新のブラウザでご覧ください。